ごあいさつ

こんにちは もりおか事務所へようこそ 


税理士の守岡和彦です。税務関連でお悩みなこと、わからないことなどご相談くださいませ。

 五反田駅から歩いてすぐ。お仕事帰りにもお気軽にどうぞ。

土曜日曜祝日夜間などのご相談も承ります。


「セミナーのお知らせです」みなさまの本音相談会実施しております。お気軽にお問い合わせください。

もりおか.JPG

It is Morioka image

「不動産業者主催セミナー」税金の相談会
リフォーム減税にはなにがある?!
所得税 固定資産税 贈与税 取得税 他

 開催日     :平成29年5月6日(土) 7日(日) 8日(月)

 開催時間 :10:00〜17:00

 会 場:  : さいたまスーパーアリーナTOIRO 

           

相続案件を得意としております。おかげさまで最近セミナーのご依頼をいただく機会が増えました。いろいろなご相談の中で、不動産業者の方や不動産オーナー様から多い質問は持分についてのご相談です。

「息子が結婚したので同居することになり、親名義の家を増築するが、息子が資金を出す場合、持分を変更するのか、贈与税は?」など。

一発回答できる時もあれば複雑なご相談の時は、回答にお時間をいただくこともあります。とはいえ早期解決を求めている方が大半です。税務は安心感と、スピード感が重要です。

「なるほどね!」というお言葉をいただくことが、私の生きがいです。早期解決に向けて丁寧ににお答えいたします。


【参考】国税庁HP 「親名義の建物に子供が増築したとき」[平成28年4月1日現在法令等]

 親名義の建物に子供が増築した場合、増築部分は建物の所有者(親)の所有物となります。この場合、親が子供に対して対価を支払わないときには、親は子供から増築資金相当額の利益を受けてたものとして、贈与税が課税されることになります。

 しかし、子供が支払った増築資金に相当する建物の持分を親から子供へ移転させて共有とすれば、贈与税は課税されませんなお、この場合、親から子供への建物の持分の移転は、親から子供に対する譲渡となり、譲渡利益が生じるときは譲渡所得の課税対象になりますが、共有とするための譲渡及び親子間の譲渡であることから、居住用財産を譲渡した場合の特例は適用できません。

         

              

問題解決を図る道しるべ

お客様のニーズは業種や規模によって様々です
  • 当事務所では、お客様の業種や規模にあったサービスを提供します。
  • 個人確定申告書の作成から税務署への提出代行、節税アドバイスのための会社設立支援や独立開業を検討されている個人事業者の創業支援でお悩みを解決します。
  • 「毎月の顧問契約はできないけれど決算申告はきちんとしたい。」というお客様向けのサービスもご用意しております。
  • 決算直前に慌てて行なう節税では対策として万全ではありません。資金調達とのバランスも考え、会社の将来に役立つ前向きな節税サポートを提供いたします。
  • 会計ソフトの有効活用法を、アドバイスいたします。生きた情報をタイムリーに活かせ、人材の有効活用、コスト削減、経理人材のレベルアップにもつながります。
  • 相続が起こったときの対策を講じることで、円満な相続を実現するお手伝いをいたします。
年間の経営および決算サイクル

         年度計画 次年度の計画予算立案    財務諸表の作成(月次試算表、損益推移表など)

                        会計帳簿の作成(現金出納帳、預金出納長、売上帳、仕入帳など) 

     

毎月

会計・税務監査 

試算表チェック

予算比較検討

 

決算予測

決算方針立案

税額予測

予算達成見込 

 

  決算

 業績統括

 

申告

申告書の

作成提出

会計帳簿の

整備点検

 定期訪問時に困っていること・改善したいことをお聞かせください。会社の現状を正確に

  理解することで、問 題点もはっきりしてきます。     

▲このページのトップに戻る