ごあいさつ


0ffice1-thumbnail2.jpg

 

     こんにちは もりおか事務所へようこそ


税理士の守岡和彦です。会計、相続、贈与、譲渡のことなど、

お気軽にご相談下さいませ。

晴れ事務所移転のお知らせ

 移転日: 平成30年5月3日

 住所  : 目黒駅徒歩1分 品川区上大崎2丁目24番11号

        目黒西口2号館 205号室 

        目黒駅徒歩1分です。

        どうぞよろしくお願い致します。  

【トピックス】平成30年改正「小規模宅地特例」 ※3月までの貸付けは従来通り適用可になります。

       <「貸付事業用宅地等」の縮減に、本年3月までは経過措置が設けられてます>

平成30年度の税制改正大網では、小規模宅地特例における「貸付事業用宅地等」の縮減が盛込まれました。

4月1日以降、相続開始前3年以内に貸付けを開始した不動産の敷地は対象から除外となります。

ただし本年3月までに貸付けを開始した不動産の敷地は、3年以内に相続が生じても従来通りに対象となります。


※小規模宅地特例の「貸付事業用宅地等」とは

 被相続人等の不動産貸付業等に供されていた宅地等で、相続税の申告期限まで親族がその貸付事業を継続しているもの等をいい、その宅地等の課税価格を半減できます。

また”事業の規模”の要件は記されていないことから、事業的規模ではない貸付け(例:ワンルームマンション1室のみの貸付け)であっても、平成30年4月1日より前から貸付けているのであれば、経過措置の対象としてその3年以内に相続が生じても貸付事業用宅地等の対象となる見込みです。

 

問題解決を図る道しるべ

お客様のニーズは業種や規模によって様々です
  • 当事務所では、お客様の業種や規模にあったサービスを提供します。
  • 個人確定申告書の作成から税務署への提出代行、節税アドバイスのための会社設立支援や独立開業を検討されている個人事業者の創業支援でお悩みを解決します。
  • 「毎月の顧問契約はできないけれど決算申告はきちんとしたい。」というお客様向けのサービスもご用意しております。
  • 決算直前に慌てて行なう節税では対策として万全ではありません。資金調達とのバランスも考え、会社の将来に役立つ前向きな節税サポートを提供いたします。
  • 会計ソフトの有効活用法を、アドバイスいたします。生きた情報をタイムリーに活かせ、人材の有効活用、コスト削減、経理人材のレベルアップにもつながります。
  • 相続が起こったときの対策を講じることで、円満な相続を実現するお手伝いをいたします。
年間の経営および決算サイクル

         年度計画 次年度の計画予算立案    財務諸表の作成(月次試算表、損益推移表など)

                        会計帳簿の作成(現金出納帳、預金出納長、売上帳、仕入帳など) 

     

毎月

会計・税務監査 

試算表チェック

予算比較検討

 

決算予測

決算方針立案

税額予測

予算達成見込 

 

  決算

 業績統括

 

申告

申告書の

作成提出

会計帳簿の

整備点検

 定期訪問時に困っていること・改善したいことをお聞かせください。会社の現状を正確に

  理解することで、問 題点もはっきりしてきます。     

▲このページのトップに戻る